キャッシングの借り入れやカードローンでの借り入れ

友人から、住宅ローンを組もうかと思うけれども、過去にキャッシングやカードローンの利用があるが、審査には影響があるのか?と相談されました。
私が知っている範囲ではやはり住宅ローンの審査には、キャッシングの借り入れやカードローンでの借り入れの履歴についてもチェックになります。
ショッピングでのクレジットカードの利用履歴も審査の対象になる場合もあるようです。
これらの多目的ローンの低金利などの情報は金融関係の業者は、信用情報機関を通して利用状況を照会できるようになっているようです。
ただし、いくらキャッシングやカードローンやクレジットカードのショッピングの経歴があったとしても、利用状況に延滞がなければ問題はないようです。
ただ、過去に何度も返済が延滞したりした履歴が残っているような場合には、いくら現在時点で借り入れもなく、延滞もなかったとしても、マイナスに判断されることもあるようです。
なのでやはりキャッシングやカードローンの利用時には延滞のないように返済をするようにすることが大切なんですね。
金融機関も過去に何度も延滞のある者に住宅ローンという多額の貸付はしたくはないでしょう。万が一回収不能になった場合には住宅を担保にしているとはいえ、やはり信用のある者だけにしか貸付はしないでしょう。大手の銀行だと
その点はかなり厳しく審査されることになると思います。