金利を安くして返済しやすく

複数の会社から借りているお金を、1社にまとめてしまい、金利を安くして返済しやすくする。それくらいは分かっているけど、何で金利が安くなっていくのか。
それで利益って出るの、何でそんなことしてくれるのと、何かと疑問は尽きないものですよね。
まず、何故金利が安くなるのかという疑問については答えがあります
金利は基本的には借りた金額に比例しており、おまとめローンに限ったことではありませんが、「たくさん借りてくれる人には金利を安くする」のは普通のことです。借金のある期間が長ければ長いほど、その銀行や消費者金融などにお金が入ってくる期間も長いわけですから、出来るだけ長く借りていて欲しいのです。
例えば100万円を年利20%で借り、5年で返済する場合、利息は約58万円となりますが、しかし500万円を年利10%で借りて10年で返済する場合でも利息はほぼ同じです。
それなら10年間ずっとお客さんでいてくれる方が、お金を貸す方としてはありがたいわけですね。なので、金利を安くしてでも大事にしたいのです。
ですが、貸した側もそうでない側にもメリットがあるようになっているので、決して、貸す側の新規顧客を捕まえるためのものではないということだけ誤解のないように確認して行きましょう。